ハードな看護師の仕事について

現役復帰でバリバリ働こう!

看護師の仕事はハード?

ハードな仕事に復帰できるか不安

復職支援プログラムがあるとはいえ、やはりブランクがあると心配になります。看護師の仕事はハードということもあり、復職に踏み切れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。仕事内容によっては追加資格が必要な場合もあります。ハードな看護師の仕事について、ここでは詳しく紹介していきます。

代表的な職場

まず、看護師の勤務先として代表的な施設は3つあります。それは病院、診療所、クリニックです。病院はベッドが20台以上用意されている入院可能な施設のことを指し、診療所になるとベッドの数は20台未満になります。クリニックは入院ができない施設で、個人で運営している小規模なものが多いという特徴があります。そのため、復職する際、家庭の事情を考えて夜勤を避けたいということであれば、クリニックは1つの選択肢になるのではないでしょうか。

部署によって異なる仕事

そして、仕事内容は配属される部署によって異なります。まずは外来看護師の場合ですが、様々な症状を訴えて病院に来る患者に対し、医師ができるだけスムーズに対応ができるようにサポートをするのがメインの仕事となります。緊急で処置しなければならないケースもあるので、状況の予想がつかないという特徴があります。
病棟看護師の場合は、入院している患者に対してのケアがメインの仕事となります。注射や点滴、身体の不自由な患者に対する介助など、患者ごとに様子をみながら適切な処置を施していく必要があります。緊急対応は外来に比べると少ないですが、患者に異変がないか常に気を張って観察する必要があります。
オペ室看護師は、その名の通りオペ室での仕事がメインになります。手術中、執刀医にメスなどの医療器具を渡したり、患者に対して投薬を行ったりします。医師の指示が出てから動くのでは遅いので、手術の段取りを頭に入れた状態で常に先のことを考えながら行動しなければなりません。また、少しのミスが命に関わりますので、強い緊張感のなかで働き続けることになります。
ICU(集中治療室)看護師は、病棟看護師と同じようにICUにいる患者に対してケアを行う看護師を指します。しかし、ICUに入っている患者は命の危機にある状態であることが多いので、より気を遣う場面が多いと言えるでしょう。また、高度な医療機器が多く設置されているので、それに対する知識も必要となります。

追加資格が必要な場合も

看護師の仕事の中には、通常の看護師資格に加えて追加資格を取ることで働くことが可能な仕事もあります。それが認定看護師と専門看護師であり、それぞれ看護師としての高い能力が必要となる資格です。もしこの資格を復職後に目指すのであれば、ハードな仕事と同時並行しながら資格取得に向けた勉強をしていく必要があります。

看護師の仕事はハード?

ブランクからの復職を目指している人におすすめ!

  • 勤務先の選び方
    勤務先の選び方

    勤務先を選ぶ際は、どの点に注目すればいいのでしょうか。まず注目していただきたいのは、復職看護師の受け入れに積極的な職場かどうかという点です。積極的に受け入れているような病院だと教育体制も整っており、安心して働くことができます。また、忙しかったり専門的な知識が必要な勤務先だと、復職したての看護師には厳しいかもしれません。

    もっと読む
  • 気になる復職支援プログラムとは?
    気になる復職支援プログラムとは?

    復職支援プログラムは、看護師不足問題に対する対策として現在推し進められているものです。看護師は離職率が高く、資格は所有しているものの現在は働いていない潜在看護師と呼ばれる方が多く存在しています。そういった方に対し復職を促し、スムーズに現場復帰できるよう様々なサポートが用意されています。

    もっと読む
  • 復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?
    復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?

    看護師が離職する理由の多くの割合を占めているのが結婚や出産といったライフイベントです。そのため、復職の際に不安になるのが家庭との両立です。看護師はハードな仕事のため、はたして両立できるのかといった悩みが大きいのです。そこでここでは、両立するために知っておきたい様々な情報をまとめて紹介しています。

    もっと読む
安心して復職しよう

ブランクのある看護師が復職を目指すとなると、様々な不安が頭をよぎります。ゆえになかなか復職に踏み出せない看護師が多いのも確かです。当ウェブサイトでは、そのような方に向けて有益な情報を発信しています。※お問い合わせ先