看護師が復職する際の注意点

現役復帰でバリバリ働こう!

注意するポイントをチェック!

注意するポイントをチェック!

復職する際に注意すべきポイントについてまとめて紹介していきます。まず、離職する際には離職の届出を提出しておきましょう。すでに離職済で提出していないという人でも、今から提出が可能です。また、勤務先選びも重要です。勤務先によって働きやすさが変わってきますので、自分にあう勤務先を選べるようにしておきましょう。それとあわせて雇用形態について知っておくことも重要です。そして履歴書の作り方を学び、復職を成功に導きましょう。

  • 離職の届出をする

    2015年10月より、看護師が離職する際にはナースセンターに離職の届出をすることが努力義務化されました。あくまで努力義務化なので届出をしないことも可能ですが、これをしておけば復職する際に必要な情報を受け取ることができます。制度施行前に離職して届出をしていない人も登録することができますので、まだ届出をしていない人は今のうちに登録しておきましょう。とどけるんというサイト上から離職の届出をすることも可能です。

  • 勤務先の選び方

    勤務先を探す際に注目するべきポイントについて紹介します。病院の中には復職看護師を多く受け入れているところもありますので、そういった勤務先であれば復職看護師の同僚も多く安心感があるでしょう。また、復職看護師向けの研修もしっかりしています。今後のステップアップを望むのであれば、資格取得のフォロー体制が整っているような勤務先を選ぶ必要があります。また、多忙になりがちな勤務先だと仕事についていけなくなる可能性があるので注意しましょう。

  • 雇用形態の選び方

    様々な事情から復職を目指す看護師に向けて、雇用形態の選び方について紹介します。常勤の場合は給与が高く福利厚生もしっかりしていますが、フルタイム勤務になりシフトの融通も利きづらい部分があります。非常勤であればシフトの融通が利きますが、給与や看護技術の指導などはあまり期待できないでしょう。派遣の場合は即戦力が求められるので、看護技術に不安のある場合はおすすめできませんが、勤務先とトラブルがあった際には派遣会社が対応してくれます。

  • 履歴書の書き方

    復職する際の履歴書作成のコツを紹介しています。最も重要なのは、復職する理由をしっかり記載することです。相手側も気になる点ですし、ここがぼんやりしていると復職に対する意欲をうまく伝えることができません。また、勤務条件などの希望も忘れずに記載するようにしてください。家庭との両立を目指す際には勤務時間や雇用形態が非常に重要になってきます。そして、ブランク期間をネガティブに捉えず、むしろその間に経験したことを業務に生かすことができると前向きに捉えて作成しましょう。

ブランクからの復職を目指している人におすすめ!

  • 勤務先の選び方
    勤務先の選び方

    勤務先を選ぶ際は、どの点に注目すればいいのでしょうか。まず注目していただきたいのは、復職看護師の受け入れに積極的な職場かどうかという点です。積極的に受け入れているような病院だと教育体制も整っており、安心して働くことができます。また、忙しかったり専門的な知識が必要な勤務先だと、復職したての看護師には厳しいかもしれません。

    もっと読む
  • 気になる復職支援プログラムとは?
    気になる復職支援プログラムとは?

    復職支援プログラムは、看護師不足問題に対する対策として現在推し進められているものです。看護師は離職率が高く、資格は所有しているものの現在は働いていない潜在看護師と呼ばれる方が多く存在しています。そういった方に対し復職を促し、スムーズに現場復帰できるよう様々なサポートが用意されています。

    もっと読む
  • 復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?
    復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?

    看護師が離職する理由の多くの割合を占めているのが結婚や出産といったライフイベントです。そのため、復職の際に不安になるのが家庭との両立です。看護師はハードな仕事のため、はたして両立できるのかといった悩みが大きいのです。そこでここでは、両立するために知っておきたい様々な情報をまとめて紹介しています。

    もっと読む
安心して復職しよう

ブランクのある看護師が復職を目指すとなると、様々な不安が頭をよぎります。ゆえになかなか復職に踏み出せない看護師が多いのも確かです。当ウェブサイトでは、そのような方に向けて有益な情報を発信しています。※お問い合わせ先