看護師の雇用形態ごとの働き方の違い

現役復帰でバリバリ働こう!

雇用形態の選び方

雇用形態ごとの特徴

ブランク明けで復職する際に、勤務先以外で考えておきたいのが雇用形態についてです。看護師の雇用形態はいくつか種類がありますので、それぞれの特徴を知って自分にあったものを選択する必要があります。常勤、非常勤、派遣のそれぞれの特徴を紹介していきますので、参考にしてください。

常勤の特徴

まずは常勤ですが、いわゆる正社員での働き方になります。常勤の場合はフルタイムでの勤務が必要になりますし、なかなかシフトの融通も利かないでしょう。ブランク明けでいきなり常勤というのはなかなか体力的にもつらい部分があるかもしれません。
しかし、常勤は給与が高く、福利厚生が整っているというメリットがあります。非常勤や派遣よりも良い待遇で働くことができるので、その点では安定していると言えるでしょう。また、ブランクがあっても丁寧に指導をしてもらえるというのが嬉しい点です。ブランクによる仕事の不安もすぐに解消することができるでしょう。

非常勤の特徴

非常勤はいわゆるパートやアルバイトと呼ばれる雇用形態になります。常勤に比べて指導の時間も少なく、丁寧なサポートというのはそれほど望めないかもしれません。給与などの待遇に関しても常勤とは大きな差があります。
しかし、あらかじめ契約していた範囲の時間や日数で働けますので、プライベートの都合もつけやすいうえに体力的にも楽でしょう。実際に、結婚や出産を理由に離職した看護師が復職する際に、家庭と仕事の両立のために最初は非常勤として働く、というケースは多くあります。

派遣の特徴

派遣は非常勤と同じような扱いになりますが、異なる部分として同じ勤務先で長く働くことがないという特徴があります。なかには数日だけの単発の仕事もあります。また、派遣社員は基本的に即戦力として求められていますので、復職したばかりで看護技術に不安のある状態だとつらい部分があるかもしれません。指導してもらえる機会はほとんどないと考えておいたほうがいいでしょう。
ただ、派遣会社を介して契約していますので、なにかの理由で職場から離れたいということがあれば、契約期間が終わればすぐに離れることができますし、勤務先との間でトラブルがあった際も派遣会社のほうで対応してくれるというメリットがあります。

自分にあう雇用形態で

まとめると、常勤は待遇が良く指導も丁寧な反面、仕事に拘束される時間が多く体力的に厳しい。非常勤はシフトの融通が利きやすく自分の都合にあわせやすい反面、給与が安く指導もそこまで望めない。派遣はなにかあった際に職場から離れやすくトラブルがあっても安心な反面、指導は期待できず即戦力としての看護技術が求められる。ということになります。今の自分にあったものはどれか、慎重に選んで決めましょう。

雇用形態の選び方

ブランクからの復職を目指している人におすすめ!

  • 勤務先の選び方
    勤務先の選び方

    勤務先を選ぶ際は、どの点に注目すればいいのでしょうか。まず注目していただきたいのは、復職看護師の受け入れに積極的な職場かどうかという点です。積極的に受け入れているような病院だと教育体制も整っており、安心して働くことができます。また、忙しかったり専門的な知識が必要な勤務先だと、復職したての看護師には厳しいかもしれません。

    もっと読む
  • 気になる復職支援プログラムとは?
    気になる復職支援プログラムとは?

    復職支援プログラムは、看護師不足問題に対する対策として現在推し進められているものです。看護師は離職率が高く、資格は所有しているものの現在は働いていない潜在看護師と呼ばれる方が多く存在しています。そういった方に対し復職を促し、スムーズに現場復帰できるよう様々なサポートが用意されています。

    もっと読む
  • 復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?
    復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?

    看護師が離職する理由の多くの割合を占めているのが結婚や出産といったライフイベントです。そのため、復職の際に不安になるのが家庭との両立です。看護師はハードな仕事のため、はたして両立できるのかといった悩みが大きいのです。そこでここでは、両立するために知っておきたい様々な情報をまとめて紹介しています。

    もっと読む
安心して復職しよう

ブランクのある看護師が復職を目指すとなると、様々な不安が頭をよぎります。ゆえになかなか復職に踏み出せない看護師が多いのも確かです。当ウェブサイトでは、そのような方に向けて有益な情報を発信しています。※お問い合わせ先