復職看護師の履歴書の書き方

現役復帰でバリバリ働こう!

履歴書の書き方

復職する際の履歴書

ブランク明けで復職を目指す場合、新卒や転職とは状況がかなり異なるので、履歴書の内容もよく考えて作成しなければなりません。履歴書で効果的にアピールするためにはどのような点を意識すれば良いのでしょうか。
まず、復職する理由をハッキリと書かなければなりません。ブランクがある状況で、なぜ今復職を希望するのか、そのきっかけはなんなのかをわかりやすく記載しましょう。面接でも必ず聞かれる項目です。この復職理由がハッキリしていないと、具体的な志望動機を用意することができません。

希望条件は明確に

家庭と仕事の両立を目指して復職する看護師の方も多いでしょう。そのため、どのような働き方を希望するのかは必ず記載しなければなりません。勤務時間や雇用形態、病棟勤務の場合は夜勤の可否など、自分が希望する働き方を明記しましょう。もしこの点があやふやだと、相手側はどのような勤務条件でも大丈夫なのだと受け取ってしまいます。あまりにも限定的な条件を記載すると良い印象にはならないでしょうが、例えば「家庭のことを考えてはじめのうちは短時間での非常勤を希望しますが、いずれは常勤で働きたいと考えています」など、先のことを見据えたうえで長く働きたいという意思を伝えれば、相手も好印象を持つでしょう。

ブランクを生かす

ブランク期間があると、それだけで不利になると考えてしまいがちですが、むしろそのブランク期間に経験したことを仕事に生かしたいといったポジティブな内容に変換することもできます。例えば保育園看護師を希望する場合は子育ての経験を仕事に生かせますし、親の介護を理由に離職していたのであれば介護施設で働く際に生かすことができます。このような内容は相手にも前向きな印象を与えることができます。
例えば親の介護経験があり、老人福祉施設で働くことを希望する場合は、「親の介護経験がきっかけで、終末期看護に興味を持ちました。最後まで自分らしく充実した時間を過ごしてほしい、満足して最後を迎えてほしいという気持ちがあり、可能な限りそのように親の介護に取り組んでいました。貴所の経営理念と重なる部分もあり、この経験を生かして貴所に貢献したいと考えています」といった具合です。
ブランクが長い看護師の場合でも、その間に地域自治体やPTAで培ったコミュニケーションスキルや統率力があるはずです。であれば、地域密着のクリニックを希望する際には、「これまでの経験で得たコミュニケーションスキルを生かし、身近な地域の方々へ寄り添った健康維持や予防看護に関わっていきたいと考えています」などといった内容になります。

履歴書の書き方

ブランクからの復職を目指している人におすすめ!

  • 勤務先の選び方
    勤務先の選び方

    勤務先を選ぶ際は、どの点に注目すればいいのでしょうか。まず注目していただきたいのは、復職看護師の受け入れに積極的な職場かどうかという点です。積極的に受け入れているような病院だと教育体制も整っており、安心して働くことができます。また、忙しかったり専門的な知識が必要な勤務先だと、復職したての看護師には厳しいかもしれません。

    もっと読む
  • 気になる復職支援プログラムとは?
    気になる復職支援プログラムとは?

    復職支援プログラムは、看護師不足問題に対する対策として現在推し進められているものです。看護師は離職率が高く、資格は所有しているものの現在は働いていない潜在看護師と呼ばれる方が多く存在しています。そういった方に対し復職を促し、スムーズに現場復帰できるよう様々なサポートが用意されています。

    もっと読む
  • 復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?
    復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?

    看護師が離職する理由の多くの割合を占めているのが結婚や出産といったライフイベントです。そのため、復職の際に不安になるのが家庭との両立です。看護師はハードな仕事のため、はたして両立できるのかといった悩みが大きいのです。そこでここでは、両立するために知っておきたい様々な情報をまとめて紹介しています。

    もっと読む
安心して復職しよう

ブランクのある看護師が復職を目指すとなると、様々な不安が頭をよぎります。ゆえになかなか復職に踏み出せない看護師が多いのも確かです。当ウェブサイトでは、そのような方に向けて有益な情報を発信しています。※お問い合わせ先