看護師の仕事を離職する際は届出をしておこう

現役復帰でバリバリ働こう!

離職の届出をする

届出をしておこう

現在、看護師が離職する際には離職の届出をすることが努力義務化されています。「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の改定により、2015年の10月から始まったものになります。背景として年々深刻化する看護師の人材不足問題があり、その対策として現在働いていない潜在看護師の復職を支援して人材を確保しようという狙いがあります。あくまで「努力」義務化なので、離職の届出はしなくても問題ありません。しかし、届出をしておけば後々復職する際に役立つ、復職に関する情報提供などを受けることができますので、やっておいて損はありません。

対象者

まず、免許番号を届けるべき対象者については、看護師に限らず保健師や助産師、准看護師も対象になります。免許取得後、すぐには就職をしないといった場合でも届出をすることができます。また、制度施行以前に離職している人でも届出することはできますので、該当する方はこの機会に届出をしておきましょう。簡単に言うと、資格を持っていて現在は看護職についていない人ということになります。

記載する内容

離職の届出に記載する内容は、氏名、生年月日、住所、連絡先、免許の登録番号及び登録年月日、就業に関する状況となります。住所や連絡先など、これらの内容に変更があった場合は改めてナースセンターにその旨を届出します。また、必須ではないですが、スムーズに復職支援を進めていくための任意項目として、職歴や離職年月、復職の意向などがあります。最初から復職を視野に入れての離職ということであれば、任意項目も記載しておくと後々便利です。

届出の方法

届出の方法は2つあります。1つめは、離職時に就業先が本人に代行して提出する方法です。この場合は就業先のほうで手続きをしてくれるので、こちらで用意するものは特にありません。
そしてもう1つが、個人で提出する方法です。最寄りのナースセンターに赴き、窓口に届出票を提出する方法もありますが、近所にナースセンターがない場合は面倒になります。そこで活用したいのが看護師等の届出サイト、とどけるんです。

とどけるんはサイト上で離職の届出ができるだけでなく、様々な情報コンテンツを利用することができます。
看護師等の届け出サイト とどけるん
看護師等の届け出サイト とどけるんより

とどけるんが提供している情報コンテンツは多岐にわたり、例えば各自治体のナースセンターでどのような復職支援プログラムが行われているのかといった情報を得ることができます。その他にも、実際に復職した看護師へのインタビュー等、参考になる情報を手に入れることができます。

離職の届出をする

ブランクからの復職を目指している人におすすめ!

  • 勤務先の選び方
    勤務先の選び方

    勤務先を選ぶ際は、どの点に注目すればいいのでしょうか。まず注目していただきたいのは、復職看護師の受け入れに積極的な職場かどうかという点です。積極的に受け入れているような病院だと教育体制も整っており、安心して働くことができます。また、忙しかったり専門的な知識が必要な勤務先だと、復職したての看護師には厳しいかもしれません。

    もっと読む
  • 気になる復職支援プログラムとは?
    気になる復職支援プログラムとは?

    復職支援プログラムは、看護師不足問題に対する対策として現在推し進められているものです。看護師は離職率が高く、資格は所有しているものの現在は働いていない潜在看護師と呼ばれる方が多く存在しています。そういった方に対し復職を促し、スムーズに現場復帰できるよう様々なサポートが用意されています。

    もっと読む
  • 復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?
    復職が不安な理由と改善策:家庭と両立できるの?

    看護師が離職する理由の多くの割合を占めているのが結婚や出産といったライフイベントです。そのため、復職の際に不安になるのが家庭との両立です。看護師はハードな仕事のため、はたして両立できるのかといった悩みが大きいのです。そこでここでは、両立するために知っておきたい様々な情報をまとめて紹介しています。

    もっと読む
安心して復職しよう

ブランクのある看護師が復職を目指すとなると、様々な不安が頭をよぎります。ゆえになかなか復職に踏み出せない看護師が多いのも確かです。当ウェブサイトでは、そのような方に向けて有益な情報を発信しています。※お問い合わせ先